• ウルフピーのおすすめなところ

    ウルフピーはオオカミの尿が100パーセント配合の獣よけに使われている忌避剤の一種です。


    一般に野生の動物はそれぞれの尿をマーキングしてお互いの縄張りを知らせる習性があります。


    よく犬の散歩をするとあちらこちらの電柱にオシッコをして歩きますが、ワンちゃんにも自己主張があるということです。
    ウルフピーはこの生理現象を利用して考案されたもので、オオカミを天敵とする動物を寄せ付けません。対象となる野生動物に鹿・熊・サル・イノシシなどがありますが、それらの本能を刺激するわけです。

    一方、作物や民家に被害を出す有害獣として上記の動物の他に、野犬・ハクビシン・アライグマなどがあります。



    これらの動物に対してもウルフピーは有効的で近づけません。穴を掘って巣を作るアナグマにも効果抜群です。



    使い方は、小分けにした容器(小びん)などに入れて寄せ付けたくない場所に設置するだけです。

    とても簡単に害獣となるターゲットの被害対策として効果を発揮するとされています。ウルフピーは1個あたりの内容量が100から400ミリリットルまであり、100ミリリットルのサイズの商品には付属品として容器が10個ついているので親切です。

    多角的な視点から@niftyニュース情報選びを親身になってアドバイスいたします。

    販売価格は一番小さいサイズがオープン価格で1、390円(税抜)ですから、それを目安にするといいです。


    液体はすぐにカラカラになるので定期的に補充する必要があります。


    設置する場所が広ければ一度試してみて、追加で買うのもいいでしょう。

    今まで紐や柵で四苦八苦してきたのに何の効果も出なかった人も、これを試せば答えが出るかも知れません。